東京事典 tokyo jiten

KEYWORD

TAG

PRESENTER

number of video entries

English

NEWS

ラウンドテーブル『Towards a Spectacular Criticality? - 東京、ダイジョウブ? -』の詳細をアップしました

12月10日(火)に代官山AITルームにて、一日限りのラウンドテーブル 「Towards a Spectacular Criticality? – 東京、ダイジョウブ?」を行います。

2011年の震災後にはじまった、東京をさまざまな角度から考える、オンライン映像事典『東京事典』。
これまでに50名を超える研究者や芸術家などが、鋭い切り口で「トウキョウ」を語っています。

今秋、2020年の東京オリンピック開催が決まったことを受け、この映像事典をふまえながら、 ゲストに、毛利嘉孝氏(東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科准教授/社会学者)、 アンドリュー・マークル氏(エディター)、兼松芽永氏(芸術の人類学)の3名を迎え、 AITのロジャー・マクドナルド、小澤慶介、堀内奈穂子とともに、あらためて来るべき「トウキョウ」像を探ります。

日時:2013年12月10日(火)18:30-21:30 *休憩あり(開場 18:00)
会場:代官山AITルーム(東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山B-403)
入場料:無料 *ドリンク等は有料

ゲスト:毛利 嘉孝(社会学者)、アンドリュー・マークル(エディター)、兼松 芽永(芸術の人類学)
モデレーター:ロジャー・マクドナルド(AIT)、小澤慶介(AIT)、堀内奈穂子(AIT)
主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
   NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
定員:20名(要予約)

詳細をみる>>